IPO投資の始め方から抽選方法まで全て教えます

ipo投資はローリスク、ハイリターンな投資といわれています。

そこがipo投資に引き寄せられる理由でもあり、多くの人に支持されている理由でもあります。今回はこのipo投資について考えていきましょう

ipo投資の始め方

ipo投資を開始するためには、最初に口座を証券法人に開設しておきます。開設の申込み手順に関しては、普通に銀行口座の開設と同じだと考慮して下さい。

真っ先に、インターネットや証券企業の店頭で口座開設のエントリーをします。

第二に、不可欠な情報などを申込用紙に記入します。加えて最後に、銀行口座の情報を提示しましょう。

証券企業の査定が通って口座が開設されれば、ipo投資を開始する事が可能となります。

証券口座選びが重要

口座を開設してしまえば投資を着手する事はできますが、適当に証券企業を選択してはいけません。ここでしくじると、後々かなり痛手になるので気をつけましょう。

その訳は、ipoへの投資はipo銘柄に申込をした人の中から抽選で選ばれ、当選した人しか行う事ができません。

ですから、当選確率の高い証券法人を選ばないとその確立も低くなってしまいますよね

IPO当選確率の高い証券会社の見分け方

当選確率の高い証券企業を見分ける秘訣は、ipoの主幹事をしている回数が多々あるか如何という事です。

ベンチャー会社などがipoを行う場合に1つの証券企業に申込み手順の注文をします。

この申込み手順を直接、申し入れされた証券企業の事を主幹事といいます。

この主幹事がipoを行う会社の株をどの証券法人を通じ、加えて株数をどれだけ売るのかを決めるのです。

という事は、もちろんの事ながら主幹事が一番多くの株を取り扱いますよね。

主幹事の実績が豊富な証券法人を見極める事が必須です。そこに口座を開設すれば、それだけipoの抽選に当選しやすくなりますからね。
抽選テクニックについても、大きなキーポイントと言えるかもしれません。

抽選テクニックについて詳しく知りたい方は元証券マンが教えるipo株に当たる確率を上げる裏技という記事が役に立つので読んでみてください

証券法人により、その抽選の技術も各々異なります。全部が当選する抽選技術や、申告した株数に応じて当選の確立が異なる抽選技術など、色々な抽選技術が採用されています。
ですので、直近での元金力や証券法人との付き合いなどを考慮しながら、証券法人をチョイスする事が不可欠です

PageTop