株の休み(株式投資の取引時間は?)

株式出資をする場合に、1日の取引がいつ始まり、いつ終わるのか、祝日、年末年始は如何になっているのか、ちゃんとと覚えておきましょう。

株 休み

株を売買可能な時帯は、平日の朝9時から11時30分まで(前場)と12時30分から15時まで(後場)となっています。この時帯に東京証券取引所などの株式市場が開いていますので、株価が動きます。平日以外や土・日・祝日、年末年始などは取引所はお休みですので、取引ができません。

夜間取引

夜間取引株式取引は普通は証券取引所の開場時内に取引しますが、夜間取引はその時外に証券取引所を経由せずに、証券企業の私設取引であるPTSを活用して株式取引が出来ます。
PTSの長所は、証券取引所の時外であっても取引が可能な事です。昼間に業務をしている企業員は証券取引所の時内に取引する事が相当出来ませんが、夜間取引のPTSであれば大人なて取引が出来ます。更に時外に何かしらのニュースが出た時には直ちにに注文する事ができ、翌日の取引を待つことがないのです。所有している株式で悪いニュースが出た時にはいち早く売り抜けする事が可能なのです。

オンライン証券の中ではSBI証券がただひとつPTSの夜間取引に応対しています。有益なPTSですが、短所もあります。真っ先に、取り扱い証券企業が少ない事から、株式注文が相当約定しない事です。
証券取引所の時内とは相違、取引が活発ではないため、市場値段と異なる値段で約定する事もあり配慮が不可欠です。なお信用取引が出来ない事と、指値注文だけになる事も覚えておきましょう。

国際情勢と株価の結びつき

株を売買可能な時帯は決まっていますが、取引出来ない時帯も世の中のマーケットは動いています。日本の株式市場は、国内情勢だけではなく、国際情勢にも反応しますのでマクロ経済の情報も参考にしておきましょう。

グローバル化が進む株式の世界

経済のグローバル化が急激に進んで、経済面だけをとってみればワールドワイドは1つの国になっているようです。アメリカの株価が急落すると、その波紋はたちまち世界中に空間、世の中の株式市場で大急落が起きます。反対にアメリカに大きな好具材が飛び出せば、アメリカが大きく値上がりし、それが世界中の株価の値上がりを招きます。

PageTop