株の休み(株式投資の取引時間は?)

株式投資をする際に、1日の取引がいつ始まり、いつ終わるのか、祝日、年末年始はどうなるのか、しっかりと覚えておきましょう。

株 休み

株を売買できる時間帯は、平日の朝9時から11時30分まで(前場)と12時30分から15時まで(後場)となっています。この時間帯に東京証券取引所などの株式市場が開いていますので、株価が動きます。平日の上記時間以外や土・日・祝日、年末年始などは取引所はお休みですので、取引ができません。

「株の休み(株式投資の取引時間は?)」続きを読む

株はメンタルの強さが勝敗を分ける

株で勝つためには、メンタルが大きく影響する言われています。ここでは、ブレない強いメンタルが必要な理由と、持ち続けるための方法について紹介しています。

個人投資家になるには、メンタルが強くなければ勝ち続けることはできませんし、冷静な判断ができなければなりません。

株とメンタル

株は、ルールやノウハウを守って行えば、利益を出せる確率が高くなります。コンスタントに利益を出せるようになれば、仕事として成立するのです。

しかし、ほとんどの個人投資家が負け組に入っているのも事実です。どうして個人投資家は負けてしまうのでしょうか?そうです。ルールやノウハウを守っていないから、個人投資家は勝てないのです。

では、どうしてルールやノウハウを守れないのでしょうか。それは、情報や誘惑に惑わされてしまうからです。人間は、誰もが欲深いものです。「もっと儲かるんじゃないか?」という欲が正しい判断力を狂わせ、ズルズルと売るタイミングを逃して損をしてしまう方が非常に多いです。大半の投資家は損切りは遅く、利益確定は早いですが、それでは勝つことは中々難しいです。

株の情報は、非常にめまぐるしく移ろうもの。今日は買いだった情報が、翌日には売りになっている。そんな一刻一刻を争う情報に踊らされてはいけません。機関投資家のように大規模なトレードを行う側が流した情報に釣られてはならないのです。

大事なのはノウハウを得ること。そしてチャートをきちんと読めるようになることです。チャートがもたらす情報こそが、正しい最先端の情報だからです。

強いメンタルを持ち続けるには80%がメンタルと言われています。個人投資家になるには、情報や誘惑に流されないメンタルを鍛える必要があります。それにはまず、正しいルールやノウハウを身に着けて、自分に確固たる自信を持つことです。

しかし、長い間、株の勉強をしてきた人には、なかなか自分のやり方や意識を変えることができません。独持の方法に走ってしまって、それで損ばかりしているとしたら、ときには「意識を変える」勇気を持つことも大事なことです。悪いクセを修正するのです。

そのためには、スクールなどで株のプロにコーチになってもらうといいでしょう。自分の悪い面を見直し、もう一度自信を持って株にチャレンジできるようになれば、情報に踊らされるようなこともなくなってくるはずです。

株のヘッジ取引とは?

ヘッジ(Hedge)とは、回避を意味する言葉です。株の世界では、現物の株価変動リスクを先物取引などを利用して回避(ヘッジ)する取引のことを指しています。

株 ヘッジ

例えば、現物株を保有している投資家が、株価下落が予想される状況で、現物の保有株を売却せずに先物等を売り建てることです。保有している現物株に発生する含み損を先物等の利益えカバーしようとする取引などが代表的です。

「株のヘッジ取引とは?」続きを読む